2012年08月26日

1000km復活!・・・08/18予選日

2012 AUTOBACS SUPER GT Round5 第41回 インターナショナル ポッカ 1000km。

あれからもう一週間。

チョッと振り返ろう。

まず18日の土曜日・・・予選日。

AM8;00前からイベントは始まる。

001
まずはオープンピット。

所謂「公開車検」を一般(パドック入場者限定)公開してくれるんだな。

2012_0818_080017p12208881

こんな間近でGTマシンが拝めるのはありがたいね。

2012_0818_080023p12208891

万が一の事態を想定しての救出シュミレーションも行われる。

2012_0818_080134p12208911
どのマシンもタイヤが装着されてない。

これもオープンピット(公開車検)ならではの光景。

2012_0818_080609p12209011

隣国メーカーのタイヤもこの数年ポテンシャルが上がってきた。

でもこれは切磋琢磨しないと向上しない。

しかし、色んなしがらみで足踏みする様な事があれば悲しい事。

でも、お互い譲れないものがあるのなら、対話しなきゃね。

少なくとも、気にいらない⇒「戦」って時代じゃないんだし。

しかし、今の状況を見てると、対話って雰囲気でもないもんね[E:sweat01]。

2012_0818_080700p12209021

久しぶりに参戦のIS350(Team SGC IS350)。
2ドアベースのマシンが多い中、4ドアベースのマシンの方が好きな方。

2012_0818_080708p12209031

昨年、300クラス年間チャンプを獲得したBMW。

GSR 初音ミク BMW(GSR&Studie with TeamUKYO)。

連覇って難しいんだな・・って感じるね。

002

GT3ばかり目立っているが、非GT3も頑張って欲しい。


人気ブログランキングへ

003

頑張ろう・・も大事だが、負けるもんが・・の方が伝わるな。

004

前戦の優勝は、チョッと目頭が熱くなった。

アンチレクサス(トヨタ)ではあるが、そこで戦う選手はご贔屓な方が多い。

伊藤大輔選手のその一人。

005
でも、やっぱり心から応援してるのは、このカルソニックブルーだな。

カルソニックIMPUL GT-R TEAM IMPUL。

006
昨年、500クラス年間チャンプを獲得した、S Road REITO MOLA GT-R MOLA。

昨年のミシュランは凄かった。

でも今年は・・・どうなんだろ?。

007

500クラスのNISSAN系チームは、新しい形状のミラーで臨む。

確かに空力を考えた形状っぽいよね。

息子ご贔屓のチームは、

008

NISSANの代表チーム23号車。

23⇒にいさん⇒にっさん⇒NISSAN。

MOTUL AUTECH GT-R NISMO。

009
ミハエル・クルム選手が久しぶりに国内レースに復活の今シーズン。

何度も年間チャンプを獲得しているチームだが、何か不完全燃焼っぽいこれまでの戦い。

010
それは、エースの本山 哲選手を擁してもこの状況。

本山選手・・・、私と同世代のドライバー。

是非ともう一花咲かせて欲しいのが本音。

それにしても・・・、このリアを見てるだけで飽きない。


人気ブログランキングへ

数年前、300クラスで一世を風靡したのが、

2012_0818_100244imgp13801
ヴィーマック。
今シーズンは、1台のみのエントリー。

ポテンシャルは最新FIA-GT3マシンに全く歯が立たない・・・のはGT好きなら承知の事実。

でも、頑張って参戦して欲しいのが本音。

300クラスは車種の多さも魅力だもんね。

posted by くぼっちゃん at 13:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 自動車・モータースポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック