2009年03月19日

先日のお肉・・・03/18

先日購入した「ドライエイジングビーフ」。
早速、職場の技術担当の方々の試食会に参加させていただきました。

0021

オーブンでローストしてみたり、

0031

炭火で焼いてみたり、

0041

フライパンで焼いてみたり・・、基本はシンプルで・・[E:dash]。

0051

肉質は、軟らかくはないが噛み切れる位・・。程よい噛み心地です。
ドライエイジングの為、肉そのものの水分量は少なめなんで、焼いたときの肉汁も少ないかな?と思ったんですが、適度な肉汁でこれまた良い感じ。
脂の質も黒毛和種に比べてあっさりした感じで、美味しく食べれますね〜。

0061

黒毛和牛なんかの脂肪交雑したお肉が「脂味」とするなら、こちらはこれぞ「肉味」ってお肉ですね。これは使えそうです[E:happy01]。

今回は、国産のホルスタイン種でしたが、国内ではこのほかにも「日本短角種」や、ニュージーランド産の(グラスフェッド)ビーフなどを使ったドライエイジングビーフが売られているようです。

とりあえず言えることは、赤身の肉質がドライエイジングに適してるってことです。

kubotaのホームページ

くぼっちゃんのブログ

Banner2 当ブログも参加しております。よろしけ ればご協力(ワンクリック)お願 いします[E:coldsweats01]。

posted by くぼっちゃん at 06:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 食べ物のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック