2007年04月29日

もう蚊の季節・・

ですね。ということで、トムを連れて動物病院へ。
そうです、フィラリア症予防薬をもらう為です。
ほんとは、薬だけなんですが、最初は、血液検査しなきゃいけないので、トムを連れて行かないとダメなんですよね。

血液検査での、フィラリア成虫抗原検査は異常なし。ついで?に毎年の5種混合ワクチンも打ってもらって、無事終了。

でも、隣の病室では、・・「癌になってからでは、手術できません。今なら右一つだけの摘出で・・・」とか、「透析は事実上無理ですので、その時は○楽死という選択も・・」とか・・・。
なんかヘコむ内容ばかりな会話。
もちろんここは動物病院。皆、ペットの犬のはなしですが・・・。

飼い主さんも、思い表情・・。
私も、5年前に死んだスパイク(パグ)がパルボウイルスに感染してしまってからの闘病生活のこと思い出しちゃいました・・。

もちろん大切なのは、ペットが病気にかからないようにしてやるのも大切です。
でも、もっと大切なのは、最後の最後まできっちり責任を果たすこと・・・だと認識しております(私は)。

はやり、命を扱う仕事って、いろんな意味で重いですね。
獣医の先生方、ご苦労様です。


・・・・・会計は、今シーズンのフィラリア症予防剤をすべていただいて、
しめて、2諭吉5英世余り・・・。
だめだめ、[E:dollar]の話しちゃ〜[E:shock][E:shock][E:shock]。

人気blogランキングへ
posted by くぼっちゃん at 15:20| Comment(0) | TrackBack(0) | ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック