2007年02月11日

07モデルは 直線番長

0i8iqv4y スーパーGT、いよいよ500クラスチームの2007年体制発表が始まりましたね。まずはNISMO。

発表の際に展示された07モデルは、新しい車両規定に合わせて前後のオーバーハングが延長され、フロントリップやリアフェンダーの造形がよりワイルドな印象を与える造形のようです。07モデルのテーマは『レースに強いクルマ』。コーナリング性能も保ちながら、直線(スピード)を速くして『直線番長』だそうです。

07モデルと従来モデルの最大の違いは、V8 NAのVK45DEエンジンを搭載したこと。すでに昨年最終戦に22号車で暫定デビューはしているが、それ以降もエンジン自体の開発も進んでいるようで、先に行われたセパン合同テストでも抜群のストレートスピードを記録しているようです。

今年のチーム体制は、
ニスモの
22号車はミハエル・クルム選手/松田次生選手
23号車は本山哲選手/リチャード・ライアン選手
(04年チャンピオンコンビ)

ハセミモータースポーツが
セバスチャン・フィリップ選手/柳田真孝選手

TEAM IMPULが
昨年と同じブノワ・トレルイエ選手/星野一樹選手

(以上タイヤはブリヂストン)


そしてKONDO RACINGが
ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ選手/荒聖治選手

(タイヤは横浜ゴム)


NA投入は、まずNISMO22・23号車から、他の3チームは3戦以降の予定で、それまでは06年のアップデート版で戦うようです。

鈴鹿のホームストレートや130Rで、他車をぶっちぎるZを見るのが楽しみですね〜。

写真は、2006pokka1000km時の23号車(金曜練習走行時)


人気blogランキングへ
posted by くぼっちゃん at 10:46| Comment(0) | 自動車・モータースポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: