2006年12月04日

瀬戸内海上からみた香川

7cb1aofu_s短い帰省を終え、帰阪中です。今日は代休をもらったので、急いで帰る必要も無く、のんびり岡山(宇野)までフェリーで小一時間の船旅です。
しかし、風が強く、展望デッキはめちゃ寒っすね[E:shock]。でも、東のほうを見ると、屋島が綺麗に見えてますね。香川の数少ない?観光地のひとつです。屋島は瀬戸内海国立公園にあり、海抜293メートルの半島形溶岩台地です。頂上部が平坦で、その形状が「屋根」に似ているということで「屋島」と名づけられたそうです。そして、ここは、平家と源氏の雌雄を決する前哨戦が行われたところ(壇ノ浦)でもありますよね。この屋島の向こう側で「世界の中心で愛を叫ぶ」のロケも行われました。


Zoiwpz2o_sそいでもって、西のほうを見ると五色代が見えます。子供の頃、よく五色代にある「自然の家」でキャンプしたのを思い出します。その向こうには、瀬戸大橋が見えてますね(写真では見えませんが・・・)


そうこうしてると、まもなく宇野港到着ですね。

4dicdlsa
posted by くぼっちゃん at 13:20| Comment(0) | おっさんの日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: