2006年11月09日

中嶋一貴選手・ウィリアムズ加入決定

Um2rmzls_sまた新たな日本人F1パイロットの誕生ですね。ウィリアムズF1チームが、トヨタの若手育成プログラムであるTDP(トヨタ・ヤングドライバーズ・プログラム)の中嶋一貴選手をテストドライバーに起用すると発表しました。
一喜選手は、は1985年生まれの21歳、愛知県出身です。
写真は、05年スーパーGT時代に乗っていた吉兆宝山MR-S



昨年全日本F3及びスーパーGTで活躍した一喜選手は、06年、F3ユーロシリーズにManor Motorsportから参戦しました。今後は、同じくテストドライバーのナレイン・カーティケヤン選手や、レースドライバーのニコ・ロズベルグ選手とアレキサンダー・ブルツ選手共にトヨタエンジンを搭載したウィリアムズFW29の開発に取り組んでいくとのことです。

又、来期はGP2参戦予定との事・・。GP2は、吉本大樹が参戦している、F1併催(一部)のレースです。
父親の中嶋悟氏(1980年代から1990年代にかけて、ロータスとティレルで活躍した元F1ドライバー)に続いて息子までF1パイロットとは・・・。海外では何組かいますが、国内では初めてのことですよね。又FTRSからのF1パイロットも初なんですよね。ちなみに、佐藤琢磨選手・山本左近選手はともにSRS-F(鈴鹿レーススクール・フォーミュラ) ですね。

トヨタエンジン搭載にあわせての起用・・・なんか色々政治的な部分も見えますが、とにもかくにも、喜ばしいことですね。世界にエンジンが認められ、世界にチームが認められ、そして世界に認められた日本人ドライバーが増えていくというのは、ほんと良い傾向ですね。しかし、まだレギュラーではなく、テストドライバー、近い将来、佐藤選手とのバトルを見ることが出来るかもしれませんね[E:smile]。
不安な点も・・・。国内レースで今後若手スター選手が居なくなるかも・・・と少しの不安もあったりしますが。これは、プロスポーツ界全体の悩みかもしれませんが。


一喜選手・経歴
1996年、11歳の時に父・悟氏の指導の下、レースキャリアをスタートさせた。
1999年に、鈴鹿選手権シリーズICAクラスでシリーズチャンピオンに輝く。
2002年、FTRS(フォーミュラ・トヨタ・レーシング・スクール)を受講。
2003年にスカラシップでエッソ・フォーミュラ・トヨタシリーズに参戦。
いきなりシリーズチャンピオンの座を獲得している。
2004、2005年はトムスチームから全日本F3選手権に参戦した。
2006年、F3ユーロシリーズに参戦(舞台を世界へ)

4dicdlsa
posted by くぼっちゃん at 23:24| Comment(0) | 自動車・モータースポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: