2006年08月26日

鈴鹿 Pokka1000km

SUPER GT 第6戦 Pokka1000kmレースからはや一週間が経とうとしてます。なんかドタバタして、PCに写真データすら入れられない今日この頃です。
興味のある方は、すでに結果はご存知でしょうし、詳しくはレポートで書こうと思ってますので簡単に・・・。
息子の贔屓にしているチーム(12号車)がポールtoウィンの快勝でしたが、なんだか腑に落ちない、なんか納得できないレースでしたね。6時間強というレース時間等で体力消耗もありましたが、なんか不完全燃焼で鈴鹿を後にしました。
とりあえず一言・・・井出選手、時間ないで〜。

写真は、今回井出選手が助っ人でドライブした23号車ザナヴィ・ニスモZが予選アタックにコースインする際の1コマです。

Elxqtcjr
posted by くぼっちゃん at 22:26| Comment(2) | 自動車・モータースポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
パドック側からの観戦ですか。<br />すごいですね。<br /><br />確かに6時間耐久とか8時間耐久とかは体力勝負ですよね。<br />どちらも暑い時期ですし。<br />ま、寒いよりいいんでしょうけど。<br /><br />私も数年前にポッカ1000km観戦したことがあるんですが、時間がありすぎて途中で観覧車に乗って観戦したりしました。<br />悲しいことに大人の男2人で(笑)
Posted by HANG at 2006年08月28日 17:33
猛暑の中、子供がいるもんで、確実に屋根のあるところで観戦できるよう考えてパドックからとなりました(汗)。息子もまあよく飽きずに観戦したものだと感心してます(笑)。最後の花火まで楽しんで帰りました。<br /><br />別件ですが、MMFの募集を開始しました。もしよろしければ参加してみませんか?。
Posted by kubota at 2006年09月02日 14:59
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: