2006年11月05日

まもなく決勝(スーパーGT)

まもなく2006スーパーGT最終戦富士スタートです。
で、昨日行われた予選の結果ですが・・・。

Zgnxbur4 500クラスは、2台のダンロップ勢が(No32・NSX、No35・SC)フロント・ロウ奪取。
地元関西の企業なんでがんばってほしいっすね。
写真は、06初戦鈴鹿



Stu2ricq で3位・4位に比較的ウエイトの軽いZ(No3・No24)がきてます。
その後ろには、優勝候補のNo1・No36が控えてますね。
写真は、06初戦鈴鹿



4ub8d437 300クラスは、ポールがNo777・MRS、その後はNo19・セリカ、No9・MTと続いてます。
ポールのドライバーは、FTRSの教頭先生でもある田中実選手。もう一人の大嶋和也選手は弱冠19歳。
PP獲得したのは、田中選手ではなく、19歳、大嶋選手。JGTC/SUPER GT史上最年少レギュラードライバーであり、もちろんポール獲得も最年少となるようです。
ちなみに、先日放送終了したTVアニメ「カペタ」の登場人物でフォーミュラスクール(FSRS)講師のモデルは、この田中選手のようですね。
このコンビって、鈴鹿1000kmで優勝した竹内選手&嵯峨選手と似た感じですね。
この写真は06初戦鈴鹿



M2xhaurw それと、びっくりしたのは、3番グリットを獲得したNo9(モスラーMT)。登場して はや7年。老体に鞭打ったマシンで3位は立派です。ドライバーも48歳のOSAMU選手。こちらもすごいっす。そういえば、後半のレースはよく上位に食い込んでいたな、とは思ってましたが。
この写真は06初戦鈴鹿



Jqs20ruu まもなく決勝スタート。やる方も観る方も悔いのないレースであってほしいものです。
この写真は、06pokka1000km



4dicdlsa